これからはじめるFX

FX初心者に大切なこと

FX

投資をする人は年々増え続けています。その中でもFXは、手軽に始められる投資として人気があります。FXはやり方さえ間違えなければ、安定した資産運用が可能です。しかし、手軽に始められるからと言った理由でよく理解せずに始め、結果的に資産を大きく減らしてしまうと言ったケースも数多くあります。ではFXを始める際にどのような点に気をつければいいのでしょうか。

 

自分なりのルールを決める

FXを始めたての人ほど為替レートの予測より、自分の感情を優先してしまいがちです。保有している通貨ペアが値上がりし続けているときに、売り時を逃してしまっていたり、逆に値下がりしていいるときに損切りできずに持ち続け大きな損失に繋がったり、などと言った経験は始めたばかりの人の多くが経験していることだと思います。
この原因は、もう少し待てば今よりもっと利益を出せると言った自分の感情に引っ張られているからです。そうならないためにも、自分の中である一定のルールを決めることは大切なことです。利益や損失のパーセンテージを決めてしまい、その値になったら売ったり損切をしたりと機械的に行うことで、勝率を上げることが出来ます。

 

手数料が少ない会社を選ぶ

基本的なことなのですが、FX会社を選ぶ際に重要なポイントになります。FX会社における手数料というのは、スプレッドと呼ばれる買いと売りの金額差のことを指します。
FX会社の中では手数料無料でも、スプレッドを高く設定している場合があります。いくらFXで利益を出していても、手数料が高いとその分損をしてしまいます。
そのため、なるべく手数料がかからない会社を選ぶことが利益を出すために必要なこととなってきます。
参考:FXの比較・口座開設ならFX比較ナビゲーター

 

このようにFXを始める際には、気をつけなければならない点がいくつもあります。また、失敗して大損を出してしまうこともあるかもしれません。しかし、ポイントを掴み自分なりのやり方を確立できれば、安定した資産運用が可能になります。


FXでの取引方法についての解説

FX取引でポジションを持つ方法について

FXはインターネットで注文できるので、専門投資家でなく一般のサラリーマンの人にも人気のある商品です。取引を始めるのであればFX業者で口座を開設した後、業者から取引する口座のIDやパスワードの情報が送られてきます。そのIDやパスワードを入力すると取引する口座が開きます。
口座内に「新規注文」というような項目が表示してあるので、それをクリックします。注文方法は「成り行き注文」と「予約注文」に分けることができます。成り行き注文は、その場でポジションを持ちたいときに使う注文方法です。通貨ペアや為替レートをクリックすると新規注文が実行して、ポジションを持つことができます。一方予約注文は、その場でポジションを持つことはできません。
そのかわりに希望の為替レートを入力して、そのレートに到達するとポジションを持つことができます。希望の為替レートに到達しないと、いつまでもポジションを持つことはできません。
また時間指定することもできる業者もあり、日にちや時間を入力していきます。

 

FX取引でポジションを決済する方法について

FX取引の手順としては、新規注文してポジションを持ち、そのポジションを決済して、損益が確定するという流れになります。
ポジションを決済する期間は特別な決まりはなく、1日や1週間ほどで決済する人もいれば、半年や1年経過しても決済しない人もいます。決済する時を、自分で決めることができるのがFXです。ただロスカットというのがあって、あまりにもマイナス幅が大きくなると、強制的に決済されてしまうということがあります。
このロスカットのパーセントは、FX業者で違いがあるので、取引するときに確認したほうがよいでしょう。新規注文するときと同じように、「決済注文」するときも成り行き注文と予約注文があります。成り行き注文は新規注文で持ったポジションを開いて、そのままクリックすると決済されます。予約注文は新規注文と同じように、希望の為替レートを入力して、そのレートに到達すると決済されます。決済されているのか確認するには、約定履歴から「決済注文」というような表示があります。