これからはじめるFX

FXは大半のトレーダーが負けます

今の日本はバブルの頃とは何もかもが違っています。要するに働いても見合った収入を得られるのは、極一部のエリートだけです。それなら、少ないお金を大金に変えるには、何かを自分で始めるしかありません。そこで打って付けなのが、平日の24時間いつでもどこでも取引可能なFXになりますが、これが難しいのも事実です。

 

そこで、取引を始めるならまずは絶対に少額から始める事です。どんなに貯金があっても、それは大切なお金だとして絶対にFX業者の口座に預けてはいけません。
これは、手法さえ確立すればどんなに少ない金額で始めても、いずれ大金に化けるので焦る必要はありません。100円負けるのと100万円を失うのでは、同じ1トレードでも天と地ほどの差があります。
これは、99%の勝率で連戦して得意満面になっても、その後の一敗で大金全額を失っては意味が無い事と同じです。なので、焦らず手法を探りながら慎重に始めるのが、正しいFX道だと思います。

 

それなら負けない投資法を目指そう

FXの恐ろしい所はビギナーズラックもあり、また手法が確立しなくても勝ち続ける事が出来る所です。偶然、相場のトレンドに乗って連戦連勝が続くと、自分はFXの天才なのではと錯覚します。
しかし、ここからが本当の勝負なのです。口座残高が当初の2倍、3倍になっても焦ってはいけません。気を緩めて、大勝負だと大金をかけたら一気に失う結果となるでしょう。
それほどFXというのは、時に残酷で容赦なくトレーダーを打ちのめすのです。FXの勝ち負けがあるなら、それは勝率ではなく、如何にして口座残高を守り増やす事に成功するかです。
そこを理解し、守れる自信があるならば、絶対に負けが続いても次こそ勝つと信じて、倍々方式でポジションを増やしてはいけません。
何度もトレードすると、勝率は50%程度に落ち着くものですが、それでも大半が負けて退場するのは、ルールを破って取引を重ねるからです。
数回連続で負けたら、今日は運が悪いと諦めてFXを止めるのが一番です。そしてたっぷり睡眠をとって、次の日希望をもってトレードに臨みましょう。